ホーム製品紹介テレメータ・Webロガーフィールドロガー® Webロガー2 DL30シリーズ  通信制御機能

製品紹介

テレメータ・Webロガー

経済的で、便利で、わかりやすいテレメータシステム、
ロギングシステム、集中監視システムをご提案します。

カテゴリ情報
仕様書一括ダウンロードカタログ解説
特殊仕様・オプション仕様・規格
特殊仕様オプション仕様各種規格について
お問合せ
よくあるご質問ご注文に際してメールでのお問い合わせ
  • 製品概要/システム構成概念図
  • 5つの便利な機能
  • ロギング機能/帳票作成機能
  • 遠隔監視Webサーバ機能
  • メール通報機能
  • 通信制御機能
  • システム構成例
  • ハードウェアと構成

Webロガー2 DL30シリーズ  通信制御機能

現場の司令塔として万全な通信制御機能を備えています。

PLCやリモートI/O、インターネットとの通信を一括コントロールします。

概要

Webロガー2には、TCP/IP、HTTPサーバ、FTPサーバ/クライアント、SMTPクライアント、SNTPクライアント、Modbus/
TCPマスタ/スレーブ、SLMPマスタなど様々な通信プロトコルを搭載しています。
外付けのルータに接続することにより各種ブロードバンド(光、CATVなど)や高速モバイル通信を経由してインターネットに接続し遠隔監視や信号を伝送することができます。

概要 1. Webサーバ 2. FTPサーバ/クライアント 3. Modbus/TCPマスタ・スレーブ 4. SLMP通信 5. I/Oマッピング

SLMP:Seamless Message Protocol(CC-Link IEとEthernet製品をシームレスにつなぐ共通プロトコル)

通信で集めたデータをインターネットで監視
通信で集めたデータをインターネットで監視

 1 Webサーバ
 3 Modbus/TCPマスタ・スレーブ
 4 SLMP通信

Modbus機器もSLMP対応機器も
SCADAで集中監視できます。


Webロガー2は、Modbus/TCP通信やSLMP通信で最大32台のリモートI/OやSLMP対応機器と接続し、入出力の拡張ができます。取込んだデータをトレンドグラフや集計して帳票形式でWeb監視できます。
また、エム・システム技研製のSCADAソフトSCADALINXpro® HMIパッケージ(形式:SSPRO6)を使用すれば、複数のWebロガー2を一括で集中監視できます。

ページトップに戻る

作成したデータはFTPで自動転送か手動で取得
通信で集めたデータをインターネットで監視

 2 FTPサーバ/クライアント

Webロガー2は、遠く離れた現場でデータを生成しますが、
生成したデータは、FTPで自在に転送できます。


Webロガー2で記録・保存しているCSVファイルをFTPサーバへ転送したり、FTPクライアントからWebロガー2へファイルを取得できます。

ページトップに戻る

IPテレメータとして利用できるI/Oマッピング
通信で集めたデータをインターネットで監視

 5 I/Oマッピング

高速で経済的なIPテレメータシステムを構築できます。


LAN/WANやVPN(バーチャルプライベートネットワーク)などのIP(インターネットプロトコル)網を介して、Webロガー2の通信機能を利用してネットワーク上にあるリモートI/Oなどの間で自由に入力信号と出力信号を接続できる機能です。遠方に設置された現場の信号をWebロガー2を介して集中監視するIPテレメータシステムを構築できます。

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
製品紹介
  • ダウンロード
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop