エム・システム技研カスタマセンター

0120-18-6321

または 06-6659-8200

超薄形スライス構造 組合せ自由形リモートI/O R8シリーズ

シリーズラインナップに戻る

超薄形スライス構造 組合せ自由形リモートI/O R8シリーズ

お客様のリクエストから生まれたリモートI/Oです。

CE対応

・機種により仕様、外形、規格が異なります。

・各種規格について
機種数 30 多点数向き 組合せ自由形 24V DC供給電源

通信ネットワークの種類

  • CC-Link
  • Modbus
  • DeviceNet
  • EtherCAT
  • スライス構造

    超薄形入出力カードを必要なだけ組合せる、取付ベースを持たない増減自在なリモートI/Oです。

  • 幅12ミリのI/Oカード

    幅12ミリの薄いカードに各種アナログ入力カードをご用意しました。

  • 幅24ミリの多機能カードもご用意

    緊急停止スイッチなどの安全機器から接点を取り込むと出力を一括OFFさせるインターロック機能付カードもご用意しています。

  • お客様のご要望をお伺いします。

    端子台メーカーにこだわらず、どのメーカーの端子台・コネクタでも検討しますのでご相談ください。

    インターロック機能などお客様のご要望にお応えします。ご相談ください。

  • 最新のネットワークに対応しました。

    電源通信ユニットはEtherCATにも対応しました。

  • 供給電源

    供給電源は24V DCです。

  • 電源通信ユニットの変更自在

    電源通信ユニットだけを差し換えることができます。

    電源通信ユニットの変更自在
  • スペースを無駄なく有効活用

    取付ベースを使用しないため、ベースの空きスロットが発生せず、スペースを有効活用できます。

    スペースを無駄なく有効活用
  • カード1枚だけを差し換えできます

    1枚だけカードを交換する場合にも、スムーズで確実な挿抜ができる構造になっています。

    カード1枚だけを差し換えできます

構造と各部の名称

  • 「超薄形スライス構造 組合せ自由形リモートI/O R8シリーズ」は、取付ベースを用いないスライス構造です。 入出力カードの背面上下にあるスライダで1台ずつDINレールにマウントします。隣り合うカードとの通信は内部通信バスで行います。1枚だけカードを交換する場合にも、スムーズで確実な挿抜ができる構造になっています。接続入出力カード数は最大16枚(入出力カードの合計消費電流が1.6A以内)です。

    構造と各部の名称

    *内部通信バスコネクタ

    1台ずつの着脱を可能にした内部通信バス用コネクタ

    「オスコネクタ端子をメスコネクタ端子が挟み込むため、振動・衝撃に強く、耐腐食性の高い金メッキが施されています。

    内部通信バスコネクタ

    スリット構造により入出力カード1枚だけの交換も行えます。カードアドレスは実装位置に関係なく自由に設定できます。

  • 電源通信ユニット
    電源通信ユニット
  • 12ミリ幅入出力カード
    12ミリ幅入出力カード
  • 12ミリ幅多機能入出力カード
    12ミリ幅多機能入出力カード
  • 24ミリ幅入出力カード
    24ミリ幅入出力カード
    ・スプリング式端子の形状は機種により異なります。

インターロック機能付 接点出力カードもご用意しています。

  • 「緊急停止スイッチなどの安全機器から接点を取り込むと出力16点を一括OFFさせる機能(形式:R8-DCM16ALZ)で、電磁弁の一括遮断などのアプリケーションに最適です。また出力16点のうち任意の2点を個別でインターロックできるタイプ(形式:R8-DCM16ALK)もラインアップしました。

  • 24ミリ幅インターロック機能付 接点出力カード
    24ミリ幅インターロック機能付 接点出力カード
  • インターロック機能付 接点出力カードを使った組合せ例
    インターロック機能付 接点出力カードを使った組合せ例
  • 基本構成

    「入出力カードの実装できる数は、電源通信ユニットにより異なります。詳細は、各電源通信ユニットの仕様書をご参照ください。 カードアドレスは実装位置に関係なく自由に設定いただけますが、アドレスが重複しないようにご注意ください。

    アナログ4点タイプの入出力カードについては、1カードで2アドレスを使用します。

    例えばR8-SV4Nをアドレス5にして接続した場合、入力1と入力2がアドレス5に、入力3と入力4がアドレス6に割り当てられます。

    上記の場合、他の入出力カードのアドレスは6に設定しないようにしてください。

    また、占有エリア2にしている場合は、入力1~入力4まで全て使えますが、占有エリア1に設定している場合は、入力1と入力3のみがデータとして使用されます。

    積算パルス入力4点カードについては、1カードで4アドレスを使用します。占有エリア2に設定して使用してください。2アドレス以上を使うカードは、終わりのアドレスが31を超えないようにしてください。積算パルス入力4点カードの場合、アドレスは28以下に設定してください。

    一番右側のカードのみ終端抵抗を有効にしてください。

    エンドカバーは、電源通信ユニットに付属しています。

    ・増設用電源カード(形式:R8-PS1)の実装に関してはお問合せください。

    基本構成
  • 消費電流の計算

    「入出力カードは、電源通信ユニットから供給される5V DCの電源で動作します。従って、入出力カードの消費する電流の合計が供給電流容量以下であることが必要です。

    電源通信ユニットの5V DCの電源が不足する場合には、増設用電源カードを挿入してください。ただし、入出力カードの消費電流の合計が供給電流容量以下であっても、最大接続台数は16台までです(増設用電源カードを除く)。

    詳しくは仕様書 [消費電流の計算] でご確認ください。

製品仕様

SPEC
機 種 共通仕様書blank 電源通信ユニットblank 増設用電源カードblank アナログ入力カードblank アナログ出力カードblank 電力用入力カードblank パルス入出力カードblank 接点入出力カードblank 温度調節計カードblank アクセサリ・関連機器等blank
共通仕様
入出力の種類/機種数
17種類/30機種
供給電源・直流電源
24V DC
サイズ(単位:mm)
W152.5×H115×D59(入出力カード8枚取付の場合)
ハウジング材質
難燃性黒色樹脂
取  付
DINレール取付(35mmレール)
質  量
約60~180g

∗ 機種により仕様が異なります。詳しくは仕様書でご確認ください。

よく似たシリーズ

SERIES