エム・システム技研カスタマセンター

0120-18-6321

または 06-6659-8200

入出力分離型チャートレス記録計 73VR1100

入出力分離型チャートレス記録計 73VR1100

今までにない柔軟性と経済性を両立した記録計システムです。

  • 最大128点の多チャネル記録が行えます。
  • エム・システム技研の多種多様なリモートI/Oが使用できます。
  • リモートI/Oとはネットワークで結ばれるため、高価なセンサ用配線を引き回す必要がなくなり、設置費用を削減できます。
  • 設置スペースが十分に確保できない盤や筐体に組み込む場合でも、I/O機器と記録計本体が分離しているため、設置方法に柔軟性があり、組み込みが容易です。
  • Ethernet接続により、上位パソコンでリアルタイム監視ができます。
  • 73VR用支援パッケージソフトウェア(形式:73VRPAC2)が付属します。
  • 形  式 : 73VR1100
  • 基本価格 : 200,000円(リモートI/Oの価格は含まれておりません)
  • 卓上形(取っ手、ゴム脚付)+3,000円
仕様書 取 説 外形図

リモートI/Oや上位PCとはネットワークで接続

  • Modbus RS-485でリモートI/Oと接続

    リモートI/Oとネットワークで接続

    Modbus RS-485でリモートI/Oと接続
  • Ethernetで上位PCと接続

    ソコン記録計PCレコーダによるリアルタイムモニタも行えます。

    Ethernetで上位PCと接続
  • Ethernetだけでシステムを構築

    ネットワーク変換器(72EM2-M4)を使えばRS-485機器をEthernetに接続できます。

    Ethernetで上位PCと接続

無限に広がるアプリケーション

  • 多チャネルで広範囲のデータ収集を実現

    入力点数最大128点、入力ユニット数最大15台、最長500メートルまで延長できます。

    *1. Ethernetの場合は2ステーションまでです。
    多チャネルで広範囲のデータ収集が可能
  • 省配線・ローコスト

    入出力機器分離形チャートレス記録計73VR1100は、分散した測定箇所のデータを一括して安価に記録できます。
    リモートI/Oとは通信ラインで結ばれるため、高価なセンサ用配線を引き回す必要がなくなり、設置費用を削減できます。

    省配線・ローコスト
  • 論理演算も得意です。
    論理演算も得意です。

    (クリックで拡大)

  • PLCシステムの入力値を記録・表示

    リモートI/O R3シリーズの通信の2重化を利用

    PLCシステムの入力値を記録・表示
  • ガス・電気・水道などの使用量を記録

    Modbus(RS-485)通信を利用して、データ収集

    ガス・電気・水道などの使用量を記録
  • 920MHz帯小電力無線にも対応
    920MHz帯小電力無線にも対応