ホーム製品紹介ソフトウェア(SCADA)PCレコーダソフトウェア / PCレコーダI/Oユニット PCレコーダ総合支援パッケージMSRPAC PCレコーダライト 製品概要

製品紹介

ソフトウェア(SCADA)

簡単に設定・実行できるソフトウェアから、
本格的プロフェッショナル向けソフトウェアまで揃います。

カテゴリ情報
仕様書一括ダウンロードカタログ
お問合せ
よくあるご質問ご注文に際してメールでのお問合せ
エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321または06-6659-8200
  • 製品概要
  • 記録画面

PCレコーダソフトウェア/PCレコーダI/Oユニット

製品ラインナップに戻る

PCレコーダ総合支援パッケージ MSRPAC PCレコーダライト MSR128LV/MSR128LS 製品概要

軽い速い、OSを選ばないライトウェイトタイプのPCレコーダです。
使わなくなったノートパソコンを記録計として再利用しませんか?

「PCレコーダ本体は安いが、新しいパソコンを買わなければならない。何とかならないか」「余っているノートパソコンをPCレコーダに使えないか」など、お客様からいただいたこのようなご要望は、高性能でなく低価格のノートパソコンや、パネルコンピュータで電子記録を行い、設備の監視やデータの解析をしたいというものでした。そこで誕生したのがPCレコーダライトです。
お手持ちのノートパソコンをそのままご使用いただける表示解像度640× 480ドット(VGA対応 形式:MSR128LV)と表示解像度800× 600ドット(SVGA対応 形式:MSR128LS)の画面サイズが異なった2種類のソフトウェアをご用意しました。

PCレコーダ総合支援パッケージ
形式:MSRPAC-2010
基本価格:38,000円
  • 仕様書
  • 取説

製品構成

・PCレコーダライト MSR128/MSR128LS
・PCレコーダ標準ソフト MSR128-V6
・MSR128-V6用帳票作成支援ソフト MSRDB2-V6

PCレコーダ総合支援パッケージ(MSRPAC)が付属している製品もあります。
詳しくは下記の「MSR128-V6に接続できる
入出力ユニット」をご覧ください。

主な機能

  • ちょっと古いパソコンやOSでも使用できます。
  • 高速サンプリング(50ミリ秒、8チャネル)が可能です。(高速サンプリング時はPentiumIII800MHz以上のパソコンを
    ご使用ください)
  • トリガに連動した自動収録機能があります。
  • 画面サイズに合わせて2つのソフトウェアからお選びいただけます。

システム構成例

MSR128LS、MSR128LVに接続できる入出力ユニット

用途に合わせてご使用いただける入出力ユニット

リモートI/OR3シリーズ
多チャネル組合せ自由形リモートI/O R3シリーズ
機種一覧
リモートI/OR5シリーズ
コンパクト組合せ自由形リモートI/O R5シリーズ
機種一覧

MSRPAC付属の入出力ユニット

PCレコーダ総合支援パッケージ(形式:MSRPAC)が入出力ユニットに付属しているので安価に構成できます。

PCレコーダR1Mシリーズ
機種一覧
PCレコーダR2Mシリーズ
機種一覧
PCレコーダRZシリーズ
機種一覧

MSR128LS/LVの動作環境

必要システム MSR128LS MSR128LV
パソコン IBM PC / AT 互換機
注:パソコンの種類により、RS-232-C ポート(COM ポート)などの使用が一義的に
決められているものがあります。
ドライバソフトの変更や、システム設定の変更が必要になる場合があります。
OS Windows XP SP1 以上
ただし、グループ0(収録周期50 ms)はWindows XP SP1 またはSP2 にてご使用下さい。
注:全ての環境での動作を保証するものではありません。
CPU Pentium II 233 MHz以上*1(Celeronの場合は、2次キャッシュ付 300 MHz以上)
ディスプレイの解像度 SVGA(800×600ドット)以上 VGA(640×480ドット)以上
表示色 65000色(16ビットHigh Color)
メモリ Windows XP 使用時は256 MB
ハードディスク 200 MB 以上の空きがあること
ただし、Windows XP を使用時はそれぞれのOS の標準に従う
入力装置 グループ0(収録周期 50 ms): R1M-GH2、R2M-2H3、R2M-2G3、R1MS-GH3
グループ1〜10(収録周期 500 ms):
R1M-GH2、R1MS-GH3、R1M-J3、R1M-D1、R1M-A1、R1M-P4、R2M-2H3、
R2M-2G3、R5-NM1、R5-NE1、R3-NM1、R3-NE1、RZMS-U9、RZUS-U9
CDドライブ WindowsがサポートするCDドライブがインストール時に1台必要
通信インタフェース WindowsがサポートするRS-232-Cポート(COM1〜COM5使用可能)、LAN通信カード

*1、グループ0(収録周期 50 ms)でご使用の場合は、PentiumV 800MHz以上。

注1)SCSIなどの外部バスに接続されたディスクを使用した場合は、十分な性能を発揮できない場合があります。

注2)グループ0(収録周期 50 ms)でご使用の場合は、パソコンの環境により測定データを取りこぼすことがあります。
   取りこぼした場合は、前回の値を保持します。
また、対応するノードは1台となります。

PCレコーダライト体験版ダウンロードサービス実施中

ご使用になるパソコンでの動作確認もできる、デモバージョンをダウンロードできます。

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
製品紹介
  • ダウンロード
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop