ホーム製品紹介信号変換器 設定方法で選ぶ

製品紹介

信号変換器

アイソレータ、直流入力変換器、温度変換器など
必要としている信号変換器が必ず見つかります。

カテゴリ情報
仕様書一括ダウンロードカタログ
特殊仕様・オプション仕様・規格
特殊仕様オプション仕様各種規格について
お問合せ
よくあるご質問ご注文に際してメールでのお問合せ
  • シリーズラインナップ
  • 形状で選ぶ
  • 設定方法で選ぶ
  • シリーズの分類
  • 機能から探す
  • 信号変換マトリクス

工場出荷時設定形

ご注文時にお伺いした仕様通りに製造し、出荷します。

スペックがお決まりの場合、スペックを変更する必要がない場合は工場出荷時設定形の変換器をご指定ください。ご注文時に仕様をお伺いして、ご指定通りの変換器を製造しお届けします。

M1Eシリーズ、みにまるシリーズ、M・UNITシリーズ

工場出荷時設定形

PCスペック形・スペックソフト形

PCやプログラミングユニットで設定できる信号変換器です。

スペックソフト形はプログラミングユニット(形式:PU-2□)またはPCを使って仕様を設定できる信号変換器です。入出力範囲の設定や校正の他、リニアライズ、フィルタ、模擬出力など様々な設定が行えます。

PCスペック形・スペックソフト形

前面パネル設定形

前面パネルのボタンやスイッチで仕様を設定できる信号変換器です。

前面パネルに設置されたロータリスイッチ、ディップスイッチ、UP/DOWNキーなどで仕様を変更できます。M1Eシリーズやみにまる M2Eシリーズ、MX・UNITシリーズなどの表示器付変換器は実量値で表示されるため、設定時に大変便利です。

M1Eシリーズ、MX・UNITシリーズ

前面パネル設定形

ワンステップキャル®

PCなしで設定変更や校正までできる信号変換器です。

信号発生器と表示器があれば、PCや特別な設定器がなくても設定できる信号変換器です。
例えば入力の設定を行う場合、信号発生器からゼロまたはスパンの値を入力し、それぞれ変換器前面のボタンを押せばその値をゼロまたはスパンとして記憶するワンステップキャリブレーション方式です。設定と校正がボタンを1回押すだけで同時にできてしまう、簡単で合理的な設定方式です。

1 ディップスイッチで入力の種類やレンジを選択する。 2 信号発生器と測定器を接続する。 3 模擬入力のゼロ点またはスパン点でボタンを押す! 4 模擬出力のゼロ点またはスパン点でボタンを押す! 以上で設定と校正が同時にできます。

ワンステップキャル®形

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
製品紹介
  • ダウンロード
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop