ホーム製品紹介電力用トランスデューサ電力トランスデューサの解説

製品紹介

電力用トランスデューサ

性能を損なうことなく経済性を最優先して設計・開発された
電力トランスデューサと電力マルチメータシリーズです。

カテゴリ情報
仕様書一括ダウンロードカタログ解説
特殊仕様・オプション仕様・規格
特殊仕様オプション仕様各種規格について
お問合せ
よくあるご質問ご注文に際してメールでのお問い合わせ
  • R1シリーズ
  • R2シリーズ

電力トランスデューサの解説

シリーズラインナップに戻る

三相電力トランデユーサの実配線図(参考)

■ 電力の求め方

110(V)/5(A)の場合、三相電力トランスデューサの標準仕様では、入力電力値として、1000(W)のときに出力値の100%で製作されています。しかし、電力トランスデューサに入力される110(V)/5(A)は、その前に幹線のVT、CTにより逓減されていますので、求める幹線電力は逓減された率で乗算します。


W=VT比×CT比×1000(W)………式(1)


入力値100% に相当する幹線電力値(幹線のワットレンジ)は式(1)で求めた値となります。

幹線のワットレンジの求め方

VT比 : 6600(V)/110(V)=60
CT比 : 200(A)/5(A)=40のとき
次のように求められます。


W=60×40×1000W=2400(kW)


したがって、幹線ワットレンジは0〜2400(kW)となります。


■ 三相電力トランスデューサの標準レンジ

三相電力トランスデューサの標準レンジ

■ 電力トランスデューサの製作可能範囲

幹線ワットレンジとCT、VT決まっている場合は、電力トランスデューサのワット比を変更する必要があります。
標準の三相電力トランスデューサは110(V)/5(A)で1000(W)です。これをワット比1とすると、製作可能なワット比の範囲は 0.5〜1.2 となります。


希望するワット値=VT比×CT比×500〜1200(W)……式(2)

(例)製作可能なワット比の求め方

VT比 : 6600(V)/110(V)
CT比 : 200(A)/5(A)のとき
幹線ワットレンジを0〜2000(kW)にしたい。
式(2)により

したがって、ワット比が0.833となり製作可能です。

電力トランスデューサの積算用パルス出力について

電力量を計測するとき役立つ積算用パルス出力では、パルス定数およびパルス単位に対応する出力を用意しています。
パルス出力方式としては、オープンコレクタとパワーフォトMOSリレーが選択できます。
ただ、潮流系統で使用する場合には逆流時のパルスは出力されません。負荷側での消費電力に比例したパルスだけが出力されます。

  • パルス単位については、電力トランスデューサのパルス(単位 : Wh/pulse)でご指定ください。
  • 計算の方法については、各パルス出力付電力トランスデューサ(形式:LTWTなど)のご注文時指定事項をご参照ください。

パルス定数

電力トランスデューサがVT・CTの二次側で定格電力(電力トランスデューサ入力)を計量したときに出力するパルス数で、単位はpulse/kWhで表されます。このパルスを用いてVT・CTの一次側電力量を知りたい場合は、合成変成比とパルス定数とを掛算する必要があります。たとえば、10000pulse/kWhの出力でVT比が440/110V、CT比が300/5Aの場合には合成変成比が240となりますからVT・CTの一次側で240kWh使用すると10000パルスの出力となります。

パルス定数図

パルス単位

1パルスがVT・CTの一次側で何kWhに相当しているかを示し、単位はkWh/pulseで表されます。 たとえば、10kWh/pulseとは1パルスによってVT・CTの一次側で10kWhの電力が使用されたことを表します。

パルス単位図

VT・CTの一次側電圧・電流に対する合成変成比とパルス単位の設定例

ここに示してあるものはすべて2008年12月現在のものになります。

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
製品紹介
  • ダウンロード
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop