エム・システム技研カスタマセンター

0120-18-6321

または 06-6659-8200

解説 一般電話回線

シリーズラインナップに戻る

ここで紹介する各種資料は参考用です。詳細は通信事業者にお問合せください。

「一般電話回線」とは、現在もっとも普及率が高い、アナログ伝送方式の固定電話網を指します。一般電話回線では、300Hz~3400Hzのアナログ信号を伝送するように設計されています。一般電話回線でデータ通信を行う場合は、送信側ではデジタル信号をアナログ信号に変調し、受信側では逆にアナログ信号をデジタル信号に復調します。そのための変調、復調装置が「MODEMモデム(MOdulator and DEModulatorの略)」です。モデムの変調速度としては、最大60kビット/秒程度の製品もありますが、一般電話回線での伝送速度は、むしろ交換機から先の電気通信事業者の設備で決まります。例えば、NTTで保証している電話1回線の伝送速度は最大4.8kビット/秒までです。

電話接続の方法にはダイヤル・パルス方式と、トーン発信方式がありますが、最近はほとんどがトーン発信方式です(いわゆる、ピ、ポ、パ)。

DTMFとはこのトーンを意味し(Dual Tone Multi Frequency)、高低2群の音の組み合わせにより、英数文字や記号を伝送できます(下表参照)。

DTMF マトリックス (Hz)

低群/高群 1209 1336 1447 1633
697 1 2 3 A
770 4 5 6 B
852 7 8 9 C
941 * 0 # D

加入契約時の費用および月額使用料金 (NTT東日本・西日本)

1回線ごとに

契約時に必要な費用 加入電話の種類 施設設置負担金 契約料
単独電話 36,000 円 800 円
区   分 単独電話
事務用 住宅用
回線使用料 1級局 2,400 円 1,600 円
2級局 2,400 円 1,600 円
3級局 2.500 円 1.700 円

2018年6月現在(税別)