エム・システム技研カスタマセンター

0120-18-6321

または 06-6659-8200

解説 高速デジタル専用線

シリーズラインナップに戻る

ここで紹介する各種資料は参考用です。詳細は通信事業者にお問合せください。

高速デジタル伝送サービスはNTT(東・西日本)、ならびにNTTコミュニケーションズが提供する64k~6Mビット/秒のデジタル信号を伝送する専用回線(高速デジタル専用線)サービスです。一般専用サービスにくらべ、伝送速度が速く、単位伝送情報量当たりの料金が安いのが特長です。企業を中心として導入されており、事業所間を高速回線で接続するマルチメディア通信ネットワークとして、LANや電話、テレビ会議装置などに利用されています。現在はNTTとNCC(NTT以外の新しい通信事業者)を相互接続しても利用できます。加入者線のユーザ側には「回線接続装置」(DSUまたはONU)を設置します。回線接続装置と端末との間は、ISDNで使用されているiインタフェースで接続されます。

高速デジタルサービスには、64k~6Mビット/秒まで、伝送速度に対応した12品目があります。加入者線としては、128kビット/秒以下では一般電話回線と同様なメタリックケーブル、それ以上には光ファイバケーブルを使うのが一般的です。最近では、小規模なプライベートネットワークとしても導入できる、利用料金が従来の高速デジタル専用線の1/2~1/3と格安な、「エコノミーサービス」も始まりました。NTTではディジタルアクセス(DA)、NTTコミュニケーションズではディジタルリーチ(DR)というサービス名で提供しています。また、高速デジタル専用線よりもさらに高速な「超高速デジタル伝送サービス」も始まりました。これは、50M~150Mビット/秒の伝送サービスを提供します(NTTでは「ATMメガリンク」というサービス名で提供されています)。
高速デジタル伝送サービスの利用料金例を下表に示します。

高速デジタル専用線料金表(月額、参考用)

距離区分 料 金 額
64kb/s 128kb/s 1.5Mb/s 6Mb/s
タイプ1 タイプ2 タイプ1 タイプ2 タイプ1 タイプ2 タイプ1 タイプ2
回線距離 15 kmまでのもの 28,000円 31,000円 38,000円 41,000円 152,000円 162,000円 376,000円 395,000円
50 kmまでのもの 45,000円 48,000円 73,000円 76,000円 366,000円 383,000円 938,000円 986,000円
90 kmまでのもの 52,000円 55,000円 86,000円 90,000円 457,000円 479,000円 1,177,000円 1,236,000円
90kmを超えるもの 54,000円 57,000円 89,000円 93,000円 479,000円 502,000円 1,236,000円 1,298,000円
屋内配線料
(1配線ごとに)
60円
回線終端装置料
(DSU/ONU1装置ごとに)
1,700円 9,500円
初期費用 施設設置負担金
(1引込線ごとに)
36,000円
工事費
(1の工事・1の配線ごとに)
■基本工事費:4,500円
■屋内配線工事費:4,800円
■回線接続等工事費:1,000円
■基本工事費:4,500円
■屋内配線工事費:16,300円
■回線接続等工事費:1,000円
回線終端装置工事費
(DSUまたはONU1台ごとに)
3,500円 5,300円

2021年10月現在(税別)