ホーム製品紹介ソフトウェア(SCADA)PCレコーダソフトウェア / PCレコーダI/Oユニット PCレコーダ総合支援パッケージMSRPAC MSR128 自動帳票作成ソフトMSRDB2

製品紹介

ソフトウェア(SCADA)

簡単に設定・実行できるソフトウェアから、
本格的プロフェッショナル向けソフトウェアまで揃います。

カテゴリ情報
仕様書一括ダウンロードカタログ
お問合せ
よくあるご質問ご注文に際してメールでのお問合せ
エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321または06-6659-8200
  • 製品概要
  • 記録画面
  • オーバービュー画面
  • 検索・編集画面
  • アラーム履歴画面
  • ダブルウィンドウ・横書きトレンド
  • 自動帳票作成ソフトMSRDB2

PCレコーダソフトウェア/PCレコーダI/Oユニット

製品ラインナップに戻る

PCレコーダ総合支援パッケージ MSRPAC PCレコーダ総合支援パッケージ MSRPAC

  • MSRDB2は、MSR128が収録したデータより日報、月報、年報の各種帳票を自動作成するソフトウェアです。
  • クライアント/サーバ機能により、データ収録中でも帳票の作成出力が行えます。
  • 指定時刻に自動作成・自動印刷することはもちろん、日報・月報・年報形式データをCSV・HTMファイルに書き出すこともできます。

リアルタイムにデータ作成

MSRDB2は、MSR128で収録中のデータをリアルタイムに取込みます。リアルタイムに取込むことにより、最新のデータを用いた帳票作成が可能になりました。

クライアント・サーバ方式

MSRDB2は、クライアント・サーバ方式でデータ処理を行います。サーバは、帳票用のデータをデータベースに作成します。クライアントでは、そのデータベースを参照して、必要とする出力形式でデータを取り出すことができます。クライアントは、最大4台まで複数同時に動作させることができます。

パソコン1台でも複数台でも 利用できます。

LANが接続され、ドライブ設定が行われていれば、クライアントは、MSR128とサーバが動作しているパソコンとは別のパソコンで動作できます。つまり、MSR128が動作するパソコン以外でも、MSR128が収録したデータを使って帳票処理ができます。

MSRDB2サーバのデータ設定用画面

サーバの機能

帳票データは2年分データベースに保存されます。
保存できるデータは瞬時値(アナログ、デジタル)と積算値(アナログ、デジタル)と平均値です。
帳票を作成するために必要なデータの名称(タグ名)や、物理量表現のための設定データは、MSR128に設定しているデータをMSRDB2が読み込むことによって、自動的に既成フォーマットの帳票に反映されます。

MSRDB2クライアントの操作・設定用画面

クライアントの機能

クライアントは、サーバが作成したデータベースから必要とする形式で帳票データのアウトプットを行います。

帳票の手動印字

クライアントの画面で選択した日・月・年に対応する日報、月報、年報を既成のフォーマットで印刷します。既成のフォーマットで印刷される帳票に印字されるタグ名としては、MSR128で設定されているペンのタグ名が使用されます。

HTML形式ファイル出力

既成の帳票に印刷する代わりに、HTML形式のデータとしてファイルへ出力します。出力されたファイルは、インターネットエクスプローラなどのWebブラウザソフトを使用して、帳票表示することができます。

CSV形式ファイル出力

日報・月報・年報を印刷する代わりに、マイクロソフトExcel(以下Excelと略称)などの表計算ソフトで読み込める形式のテキストファイルを出力します。出力されたデータをExcelで読み込み、帳票のフォーマットや印刷題名などをカスタマイズして印刷することが できます。既成のフォーマットではない帳票を作成する場合には、この方法がとれます。

日報出力例

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
製品紹介
  • ダウンロード
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop