エム・システム技研カスタマセンター

0120-18-6321

または 06-6659-8200

セキュア対応ネットワーク変換器 SGシリーズ セキュリティゲートウェイ

シリーズラインナップに戻る

セキュア対応ネットワーク変換器 SGシリーズ セキュリティゲートウェイ
形  式:SG6 基本価格:90,000円

セキュリティを確保したインターネット通信が手軽に実現します!

Modbus/TCP、SLMP、HTTPなどセキュリティ機能のない通信プロトコルに認証と暗号化を加えることによってインターネットを介して安全な通信が行えます。
Modbus/TCPを代表とする軽量な産業用プロトコルには、認証や暗号化の仕組みがありません。このため、インターネットを経由したデータ送受信を行う場合には、VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)によるセキュリティの確保が必要でした。エム・システム技研も、このようなアプリケーションに対してVPNの使用を推奨していますが、Modbus/TCPのみの利用にはオーバースペックであり、何より毎月費用が発生してしまいます。これに対してセキュリティゲートウェイ(形式:SG6)を採用すれば、TLS通信*2を行うため、一般のインターネット回線そのままで、相互認証と通信の暗号化に基づいてセキュリティが確保された通信が行えます。

セキュリティを確保したインターネット通信が手軽に実現します

*1. TCP (Transmission Control Protocol) :インターネットで標準的に利用されている信頼性の高いプロトコル(通信方法)です。
*2. TLS(Transport Layer Security):インターネット上でやりとりされるデータの「盗聴」「改ざん」「なりすまし」を防止するための暗号化プロトコル(通信方法)です。

  • 暗号通信と相互認証によるセキュアな通信ができます。

  • Modbus/TCPなどの通信を暗号化し伝送できます。

  • ログイン/パスワードによらない認証ができます。

  • HTTPサーバをHTTPSサーバとして運用できます。

  • IPコンバータ(DT-1、DT8)と組合せてIPテレメータの暗号化伝送ができます。

  • ネットワークごとにセキュリティゲートウェイを設置するだけで安全な通信が行えます!基本システム構成例

    セキュリティゲートウェイ(形式:SG6)は、Modbus/TCPやSLMP、HTTPなどでもインターネット経由で、セキュアな通信が行えるゲートウェイです。ネットワークごとにセキュリティゲートウェイを設置すれば、遠隔のIoT機器やリモートI/OとPCのセキュリティを確保してModbus/TCPで接続できるようになります。稼働中のシステムにも追加できます。​

    基本システム構成例

    (クリックで拡大)

    赤い矢印は端末機器からPCへのデータの流れを示しています。 暗号化通信を行うためには、セキュリティゲートウェイローカル認証支援ソフトウェア(形式:LCA-SG)で作成したサーバ証明書をインストールします。
    ローカル認証支援ソフトウェア(形式:LCA-SG)は、エム・システム技研のWebサイトから無料でダウンロードできます。
  • PLCのデータも遠隔から監視できます!SLMPを利用するシステム構成例

    Webロガー2と三菱電機製PLCの間でシームレスなデータ通信が行える通信プロトコルであるSLMP(Seamless Message Protocol)でも、セキュリティゲートウェイを使えばインターネット経由でセキュアな通信が行えます。

    SLMPを利用するシステム構成例

    (クリックで拡大)

    赤い矢印はPLCからPCへのデータの流れを示しています。
  • インターネット経由で自在に信号を伝送できます!I/Oマッピング機能を利用するシステム構成例

    IoT用端末データマルには、リモートI/Oとの間で自由に入力信号と出力信号の対応(接続)ができるI/Oマッピング機能があります。この機能とセキュリティゲートウェイを使えば、インターネットを介してリモートI/OからリモートI/Oへの信号伝送がセキュアに行えます。

    I/Oマッピング機能を利用するシステム構成例

    (クリックで拡大)

    赤い矢印はリモートI/Oに入力された信号が、出力されるまでのデータの流れを示しています。
  • パネル図
    パネル図
    外形寸法図(単位:mm)
    外形寸法図(単位:mm)

製品仕様

SPEC