ホーム製品紹介リモートI/OCC-Link

製品紹介

リモートI/O

エム・システム技研のリモートI/Oは対応するネットワークの
種類が多く、あらゆるリモートI/Oを取り揃えています。

カテゴリ情報
仕様書一括ダウンロードカタログ解説
特殊仕様・オプション仕様・規格
特殊仕様オプション仕様各種規格について
お問合せ
よくあるご質問ご注文に際してメールでのお問い合わせ
  • オープン・フィールドネットワーク 解説
  • オープン・フィールドネットワーク 概要
  • オープン・フィールドネットワークの例
  • DeviceNet
  • CC-Link
  • CC-Link IE Field
  • PRPFIBUS
  • Modbus
  • LONWORKS
  • MECHATROLINK-II
  • HLS
  • Ethernet
  • Modbus/TCP
  • EtherNet/IP
  • EtherCAT
  • PROFINET
  • FL-net
  • MECHATROLINK-III
  • CUnet
  • OPC UA
  • IO-Link
  • RS-232/485規格

CC-Link(シーシーリンク)シリーズラインナップに戻る

CC-Link

"CC-Link(Control & Communication Link)"は、三菱電機(株)が1996年から提唱している同社のPLC(MELSECシーケンサ)の下位に位置する、オープン・フィールドネットワークです。

 

CC-Linkは、国内では最も普及率の高いフィールドネットワークのひとつであり、これまでに約1,919万ノード超の出荷実績があります。CC-Linkの普及を目的としてCC-Link協会(CLPA)が設立されており、パートナーメーカとして会員申請することにより、技術情報の開示を受けCC-Link対応製品を開発できます。

現在、2,971社(そのうち約70%が海外メーカ)を超えるパートナーメーカ(エム・システム技研を含む)が1,666種類以上の製品を発売しています(2016年3月末現在)。

 

CC-Linkは、グローバルスタンダードになっている唯一の日本発オープンネットワークとして、アジア、北米を中心にした世界的なFA市場に広く普及しており、真のグローバルスタンダードとして世界中に認知された規格であるといえます。

 

CC-Linkの概要

CC-Linkのネットワークの物理層はRS-485準拠であり、データフレームはHDLC準拠です。

通信ネットワークにはマスタ局とスレーブ局が存在し、通常はPLCがマスタとなります。1台のマスタに対し、スレーブ局が最大64台接続できます。スレーブ局にはリモートデバイス局(ビットデータとワードデータの双方を扱う局)やリモートI/O局(ビットデータのみを扱う局)などの種類があります。マスタ局はネットワークに接続されるスレーブ局の種類やそのアドレス情報を貯え、ネットワーク全体を管理します。伝送制御は、マスタ局からスレーブ局への一斉放送と個別問合せにより行っています(図1)。

 

図1 ブロードキャストポーリング方式

図1 ブロードキャストポーリング方式

 

表1 CC-Link Ver.1.10の主な仕様

項目 仕様
最大リンク点数

リモート入出力:各2048点
リモートレジスタ:512ワード

リンク点数/1局

リモート入出力:各32点
リモートレジスタ:8ワード

最大占有局数 4局(スレーブ局1台当り)

サイクリック

伝送データサイズ

24byte/1局

トランジェント
伝送データサイズ

960byteマスタ→スレーブ150byte/packet
スレーブ→マスタ→スレーブ34byte/packet
総スレーブ局数 64局

通信速度と

ケーブル総延長

10Mbps:
5Mbps:
2.5Mbps:
625kbps:
156kbps:

100m
160m
400m
900m
1200m
(光リピータ使用時
(光リピータ使用時
(光リピータ使用時
(光リピータ使用時
(光リピータ使用時

:4.3km)
:4.48km)
:5.2km)
:6.7km)
:7.6km)

通信方式

ブロードキャストポーリング

 

CC-Linkの主な仕様を表1に示します。特徴として、下記を挙げることができます。   

 ・最高10Mbpsの高速伝送を実現

 ・ワードデータの伝送、メッセージ伝送が可能

接点信号のようなビットデータだけでなく温度データのようなアナログ信号をワードデータとして扱う機器との接続が可能です。

 ・最長1200mの総延長距離を実現(伝送速度 156kbps)

 ・バス形ネットワークにより、システム構成が容易

 ・耐ノイズ性能に優れ、信頼性が高い

 

HDLC(High-level Data Link Control procedure)
伝送制御手順のひとつで、高度なデータ伝送を実現した制御手順。同期式で、フレーム単位でデータを伝送するのが特徴。受信側からの応答を待たずに連続してデータ伝送が可能なため伝送効率が高く、誤り制御が厳密になっているため信頼性が高い。JISX5104〜X5160で規定。

 

 

CC-Link Ver.2.00のリリース  

2003年1月には、仕様がバージョンアップされたCC-Link Ver.2.00がリリースされました。 バージョンアップの狙いは、従来からのFA分野に加え、とくに半導体製造装置やPAの計測制御などでアナログ信号を主とした大容量のデータ通信が要求される分野にまで適用範囲を広げることにあります。

 

 

Ver.2.00  

Ver.2.00は、Ver.1.10に比較して、送受信データ量を最大8倍まで拡張可能にしたものであり、ネットワーク上に接続できるデータ量が大幅に増強されました。

Ver.2.00とVer.1.10の基本仕様の比較を表1に示します。

 

表1 Ver.2.00とVer.1.10の基本仕様の比較

項目 Ver.2.00の仕様 Ver.1.10の仕様

備考

(Ver.2.00/
Ver.1.10 )

最大リンク点数
(データ量)

RX, RY:各8192ビット
RWw, RWr:各2048ワード
RX, RY:各2048ビット
RWw, RWr:各256ワード
4倍
8倍
一台当たりの
リンク点数
(データ量)
1局
占有時
RX, RY:各32〜128ビット
RWw, RWr:各4〜32ワード
RX, RY:各32ビット
RWw,, RWr:各4ワード
4倍
8倍
4局
占有時
RX, RY:各128〜896ビット
RWw, RWr:各16〜128ワード
RX, RY:各128ビット
RWw, RWr:各16ワード
4倍
8倍
一台当たりの占有局数 1〜4 1〜4
拡張サイクリック設定 1倍、2倍、4倍、8倍*1 なし
通信速度 10M/5M/2.5M/625k/156kbps
接続台数 64台*2

 

*1. 拡張サイクリックの設定により送受信データ量を増やします。詳細はCLPAホームページ参照。

*2. Ver.1.10とVer.2.00では条件が異なります。詳細はCLPAホームページ参照。

 

 

Ver.1.10 とVer.2.00 の互換性  

最近では、Ver.2.00対応の新製品も市場に多く出回ってきましたが、ネットワーク上でのVer.1.10とVer.2.00の互換性は次のようになります。

 ・マスタ局が新バージョン(Ver.2.00)対応品の場合:  

  スレーブ局としては、旧バージョン(Ver.1.10)対応品だけでも新・旧バージョン(Ver.2.00、Ver.1.10)対応品
  混在でも接続可能(ただし、旧バージョン対応品は旧バージョンの仕様範囲内での使用に限られる)。

 ・マスタ局がVer.1.10の場合:

  スレーブ局としては、Ver.2.00対応製品の接続は不可。

 

なお、エム・システム技研では、リモートI /O製品(スレーブ局)R3シリーズにCC-Link Ver.2.00対応モデルを用意し、Ver.1.10対応モデルと並行して販売しています。

 

 

●参考ホームページ:https://www.cc-link.org/

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
製品紹介
  • ダウンロード
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop