ホーム製品紹介リモートI/Oオープン・フィールドネットワーク 概要

製品紹介

リモートI/O

エム・システム技研のリモートI/Oは対応するネットワークの
種類が多く、あらゆるリモートI/Oを取り揃えています。

カテゴリ情報
仕様書一括ダウンロードカタログ解説
特殊仕様・オプション仕様・規格
特殊仕様オプション仕様各種規格について
お問合せ
よくあるご質問ご注文に際してメールでのお問い合わせ
  • オープン・フィールドネットワーク 解説
  • オープン・フィールドネットワーク 概要
  • オープン・フィールドネットワークの例
  • DeviceNet
  • CC-Link
  • CC-Link IE Field
  • PRPFIBUS
  • Modbus
  • LONWORKS
  • MECHATROLINK-II
  • HLS
  • Ethernet
  • Modbus/TCP
  • EtherNet/IP
  • EtherCAT
  • PROFINET
  • FL-net
  • MECHATROLINK-III
  • CUnet
  • OPC UA
  • IO-Link
  • RS-232/485規格

オープン・フィールドネットワーク 概要シリーズラインナップに戻る

オープン・フィールドネットワークとは

仕様が公開され、多くのユーザ、メーカが共通に利用することのできる
フィールドネットワークです。

現在、市場では適用分野や国別に多くの種類のオープン・フィールドネットワークが普及のテンポを速めています。まさに〈オープンフィールドネットワーク〉の時代です。

2種類のオープン・フィールドネットワークがあります。

●機関や団体が協議して仕様を定め、それが公的規格として認められたもの。

●特定のメーカ・組織が先行して開発し、普及活動を行った結果、いわゆる「デファクトスタンダード」として市場に定着したもの。

いずれも仕様がよく整理、統合されていて、誰もが多くの目的に利用することができます。

オープン・フィールドネットワークのメリットとは。

●エンドユーザの利用メリット・・・同じ種類のオープンフィールドネットワーク上には異なるメーカの機器を接続することができます(マルチベンダー)。

●メーカのメリット・・・個別の通信方式を開発する手間が省け製品コストを抑えることができます。

オープン・フィールドネットワークの構成

オープン・フィールドネットワーク(フィールドバス)は階層的に分類されます。

一般に、計装システムにおけるフィールドネットワークは、ネットワーク上で伝送される情報の内容や量・伝送スピードなどに対して階層的に分類されています。

階層の例

●下層にあたる「センサ(ビット)レベル・オープン・フィールドネットワーク」

●中層にあたる「デバイスレベル・オープン・フィールドネットワーク」

●上層にあたる「コントローラレベル・オープン・フィールドネットワーク」

●これらの単階層あるいは複数の階層をカバーする各種のオープンフィールドネットワーク

オープン・フィールドネットワーク構成図

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
製品紹介
  • ダウンロード
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop