エム・システム技研カスタマセンター

0120-18-6321

または 06-6659-8200

積層形表示灯
積層形表示灯
積層形表示灯

特定小電力無線表示灯

IT□SW5/IT□SW6 シリーズ

■積層形表示灯に920MHz帯の特定小電力無線局を実装しました!
■920MHz帯の特定小電力無線は、RS-485透過タイプでModbus-RTUプロトコルの通信が行えます。
■ゲートウェイ機能により、920MHz帯の特定小電力無線のModbus-RTU(RS-485)と
 EthernetのModbus/TCP(Ethernet)のプロトコルを変換します(IT□SW5)。
くにまる® 920MHz帯マルチホップ無線機器
パトレイバー ミニ
小形、直径40mm
1~5段ランプ
小形、直径50mm
1~5段ランプ
小形、直径60mm
0~5段ランプ
920MHz帯
特定小電力無線局実装タイプ
IT40SW5、IT40SW6 IT50SW5、IT50SW6 IT60SW5、IT60SW6
Modbus/TCP(Ethernet) Modbus-RTU透過型
特定小電力無線表示灯
親機
IT40SW5
95,000円
仕様書 取 説 外形図
IT50SW5
95,000円
仕様書 取 説 外形図
IT60SW5
95,000円
仕様書 取 説 外形図
Modbus-RTU透過型
特定小電力無線表示灯
子機
IT40SW6
90,000円
仕様書 取 説 外形図
IT50SW6
90,000円
仕様書 取 説 外形図
IT60SW6
90,000円
仕様書 取 説 外形図

・表示基本価格は5段表示の場合です。
・オプション仕様により加算価格があります。詳しくは、仕様書をご覧ください。

920MHz帯無線とは?

920MHz帯無線は、日本で2012年7月から特定小電力無線局と簡易無線局に割り充てられた新しい周波数帯です。920MHz帯無線は、より高い周波数帯を使用する2.4GHz帯や5GHz帯の無線LANや計装用無線ネットワークなどに比べて電波の回折特性に優れ、また、1GHz以下の周波数帯なので雨滴による影響を受けにくい特性があり、高い電波到達と安定した通信品質とを実現しています。920MHz帯無線を使用するくにまるは、送信出力を20mWに抑えているので特定小電力無線局に区分され、無線従事者免許や無線局免許状が不要です。また、モバイル通信のように電気通信事業者に通信費を支払う必要がなく、運用コスト面でも有利な無線です。

マルチホップ無線とは?

マルチホップ無線とは、複数の無線機器間を電波で中継してバケツリレーのようにデータを伝送する通信方式です。マルチホップ無線機器くにまるでは、1台の親機に対し最大100台の子機を接続することができ、メッシュ形のネットワークの中で最大15台の子機を中継した通信ができます。そして、機器間の通信距離は最大1kmであり、下図に示すように自動的に経路を選択して伝送を行うため、障害物に強く、信頼性が高い広域の無線ネットワークを構築できます。また、くにまるは920MHz帯(922.3~928.1MHz)を複数の帯域に分割して通信ができるので、最大14チャネル分の独立した親機/子機のセットを設置して、相互に干渉することなく運用できます。
マルチホップ無線とは?

システム構成例

PC側をModbusマスタにして、Modbus/TCPおよびRTUのプロトコルを使用して特定小電力無線経由で子機の有線側にマルチドロップ接続されたスレーブと通信します。
システム構成例

接 続

警報ランプの点灯/消灯やブザーオン/オフは、Modbus/TCP通信または外部接点で行います。
接続

外形寸法図 (単位:mm)

パトレイバーミニ 形式:IT□SW5
形式:IT□SW6
IT□SW5,IT□SW6
取付ポールIT40S、IT50S、IT60S用の
取付け用ポールです。
形式:ITPL
円形台座取付けタイプ

5,000円
仕様書 取 説 外形図
ITPL 円形台座取付けタイプ
形式:ITPL
L字金具取付けタイプ

4,000円
仕様書 取 説 外形図
ITPL L字金具取付けタイプ
延長LANケーブル取付ポール(形式:ITPL)使用時の延長用LANケーブルです。 形式:ITCA
4,000円
仕様書 外形図
ITCA
取付変換アダプタ 形式:ITAD
タイプ1
3,000円
仕様書 取 説 外形図
取付変換アダプタ 形式:ITAD タイプ1
(カメラマウント用クリップ、卓上三脚はお客様ご用意)
取付変換アダプタ 形式:ITAD タイプ1