ホーム製品紹介BA・省エネ監視システム用コンポーネントBA・省エネ監視システム用コンポーネント リモート制御・監視システムBA3シリーズ BAマルチコントローラ

製品紹介

BA・省エネ監視システム用コンポーネント

経済性と自由度を最優先させた
省エネ・ビル監視システム用コンポーネントです。

カテゴリ情報
仕様書一括ダウンロードカタログ解説
お問合せ
よくあるご質問ご注文に際してメールでのお問合せ
エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321または06-6659-8200

BA・省エネ監視システム用コンポーネント

シリーズラインナップに戻る

リモート制御・監視システム BA3シリーズ オープンネットワークDDC

» 主な機能と特長 | 特長 ① | » 特長 ② | » 特長 ③ | » 特長 ④ | » 特長 ⑤ | » 特長 ⑥

オープンネットワークDDCの主な機能と特長

  • ● リモートI/O R3シリーズのベースに取付け、空調専用DDCとして機能します。
  • ● リモートI/O R3シリーズは扱える点数が多く、豊富な種類の入出力カードを使用できます。
      アナログ入力:256点まで   アナログ出力:256点まで
      デジタル入力:1024点まで   デジタル出力:1024点まで
  • ● 国際規格のIEC61131-3に準拠したプログラミング言語を採用しています。
     推奨:FBD(ファンクションブロックダイヤグラム)
  • ● 空調制御専用ファンクションブロックを使用できます。

ページトップに戻る

特長 ① プログラミング言語はファンクションブロック方式を採用しています。

ファンクションブロックは、誰にでも簡単に作成できます。
エンタルピ演算やPID演算などの複雑なファンクションブロックはエム・システム技研があらかじめご用意しています。

■ ファンクションブロックとは?

プログラム開発の効率化とミスの削減に寄与!

繰り返し使用するロジックや演算を部品化して、何度でも使用できるようにしたプログラムです。
ファンクションブロックはプログラム開発の効率化と、プログラムミスの削減に寄与します。

エンタルピ演算ブロック

乾球温度と相対湿度または、乾球温度と露点温度を入力すれば、エンタルピを演算します。
面倒な演算式を入力する必要はありません。

エンタルピ演算ブロック

PID演算ブロック

設定値や比例帯など必要なパラメータを入力すれば、演算した結果をrVoutから出力してくれます。
複雑な制御プログラムを組む必要はありません。

PID演算ブロック

■ ファンクションブロックのメリット

プログラムを作成する工数が大幅に削減できます。

ラダープログラムは全プログラムを1人で記述するので工数と時間がかかってしまいます。ファンクションブロック方式はブロック単位で繰り返し使うのでバグの心配がなく、複数人でプログラム作成を分担できます。

誰にでも読めるプログラムです。

ラダープログラムを変更する際に、他の人の作ったプログラムが解読できず困ることがあります。ファンクションブロック方式で作られたプログラムはブロックの組合せなので、誰にでも読めるプログラムです。

完成されたファンクションブロックを何回でも使用できます。

ラダープログラムは1本の巻物のようで、せっかく作ったプログラムも再利用が難しく、最初から作り直すことが多々あります。そのため、時間とコストが無駄になります。実績のあるファンクションブロックなら、デバッグは必要ありません。みんなでブロックを共有すれば、他の案件にも再利用できます。

ソフト資産が蓄積します。

ラダープログラムはブロック単位の仕様を持たないので、工夫して作成してもソフト資産として蓄積しにくいプログラムです。実績のあるファンクションブロックは、あなたの会社の大切なソフト資産になります。

■ ラダープログラムとどこが違うの?

ファンクションブロックを線でつなぐだけで完成するプログラムです。

ファンクションブロックダイヤグラムは演算子やファンクションブロックの各端子をワイヤリングでつないでいきます。
プログラムは左から右へ、また、上から下へ進んで行きますので、ひと目で全体の動作が分かる構造になっています。

ページトップに戻る

特長 ② エム・システム技研が便利なファンクションブロックをご用意しました。

■ 演算用ファンクションブロックライブラリの例

空調制御専用のファンクションブロックをたくさんご用意していますので、プログラミング工数を大幅に削減できます。

オープンネットワークDDC  
機 能
折れ線リニアライザ
熱量演算
システム基本処理(システム関数)
サイクリックタイマ
デュアルディレイタイマ
エンタルピ演算
一次遅れフィルタ
ヒステリシス付き比較
給気温度最適化制御
PID演算
モメンタリ出力
変化量制限
変数値の履歴書込み
パルスカウント
現在日付時刻の取得
加重平均

ページトップに戻る

特長 ③ オープンネットワークDDCはリモートI/O R3シリーズの豊富なI/Oが使えます。

PLCのアナログI/Oは種類が少ないため、前処理の変換器が必要になりコストアップになってしまいます。
エム・システム技研のDDCはリモートI/O R3シリーズの豊富なI/Oが使えます。さらに熱量演算カードや電電ポジショナカードなど、BAカードもご用意しています。

多チャネル組合せ自由形リモートI/O R3シリーズ

・詳細は、製品紹介 リモートI/O R3シリーズをご覧ください。

  • 豊富なラインアップ
  • 直流入力カード 24 機種
  • センサ入力カード 19 機種
  • 電力用入力カード 16 機種
  • アナログ出力カード  7 機種
  • パルス入出力カード 11 機種
  • 警報カード  7 機種
  • 接点入出力カード 22 機種
  • BA用入出力カード 10 機種
  • BCD入出力カード  2 機種
  • 温度調節計カード  1 機種

ページトップに戻る

特長 ④ 標準的なAHU制御用のサンプルプログラム*1 もご用意しました。

■ サンプルプログラム

標準的なAHU制御用のサンプルプログラムを7通りご用意しました。類似の計装パターンをテンプレートとして使えば、初期導入時や設備改造の際に、エンジニアリング工数の削減になります。

No. 設備内容 制御内容
1 冷水、温水(2コイル)方式+全熱交換器 室内温度制御、室内湿度制御、外気冷房制御
CO2制御、etc.
2 冷水、温水(2コイル)方式+全熱交換器+VAV 給気温度制御、還気湿度制御、風量可変制御
外気冷房制御、CO2制御、etc.
3 冷水、温水(2コイル)方式 室内温度制御、室内湿度制御、etc.
4 冷水、温水(2コイル)方式+外気ダンパ 室内温度制御、室内湿度制御、外気ダンパ制御、etc.
5 冷温水(1コイル)方式+全熱交換器 室内温度制御、室内湿度制御、外気冷房制御
CO2制御、etc.
6 冷温水(1コイル)方式 室内温度制御、室内湿度制御、外気冷房制御
CO2制御、etc.
7 冷温水(1コイル)方式+外気ダンパ 室内温度制御、室内湿度制御、外気ダンパ制御、etc.

*1. 使用する際は必ず仕様の確認、デバッグなどの確認作業を行ってから使用してください。サンプルプログラムについてはお問合せください。

ページトップに戻る

特長 ⑤ プログラムデバッグ用シミュレータをご用意しました。

■ プログラムデバッグ用シミュレータ

開発したプログラムの机上でのデバッグは、現場作業の軽減と工数削減になります。測温抵抗体出力4点、デジタル入出力各24点、アナログ入出力各8点および動力発停のシミュレータをご用意しました。ご来社いただければ自由にお使いいただけます。専門スタッフがサポートをします。

シミュレータを用いたデバッグ作業   動力発停シミュレータ  
シミュレータを用いたデバッグ作業 動力発停シミュレータ デジタル・アナログ入出力シミュレータ
 

ページトップに戻る

特長 ⑥ 高品質で信頼性の高い日本製です。廃形をしません。*2

プロセスオートメーション分野で45年に渡り培ってきた電子回路技術と、徹底した品質管理体制により、高品質で信頼性の高い日本製をお届けします。また、一度世に出した製品は廃形しませんので、いつまでも安心してお使いいただけます。
モデルチェンジで外形が変わってしまうとリニューアルの時に配線工事が大変になります。エム・システム技研は廃形しません。15年後、20年後でも同じ製品をご提供します。

*2. 電子パーツが廃止になった場合でも、設計変更で対応しますが、代替の電子パーツが入手できない、あるいはリピートオーダが見込めない場合などは廃形にすることがあります。

» 主な機能と特長 | 特長 ① | » 特長 ② | » 特長 ③ | » 特長 ④ | » 特長 ⑤ | » 特長 ⑥

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
製品紹介
  • ダウンロード
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop