エムエスツデー 2012年4月号

カンパニーアウトライン

Vol.9
廃形しないで40年 !

エム・システム技研は、創業以来40年「廃形しません!!」を続け、おかげさまで製品群は4,000種を超えるまでになりました。

第1期(1972年)〜第25期(1966年)

エム・システム技研製品群

エム・システム技研製品群[拡大図

エム・システム技研の社名 エム・システム技研の社名

「エム」は創業者会長の名前のイニシャルに由来します。計装に関するものは何でも手がける意気込みで「システム」と付け、ベンチャー企業の先輩である本田技研工業にあやかって「技研」としました。



プラグイン形変換器 プラグイン形変換器

「プラグイン形」という画期的なアイデアは、今ではほとんど目にすることがなくなった真空管から思いつきました。当時の変換器は大型制御装置の一部としての位置づけで、重箱ほどの大きさがありました。「軽薄短小化」が進んでいた電子部品を使い誕生した「小形プラグイン」構造の変換器は、取扱いの容易さ、省スペース、低価格などの革命的ともいえる特長が認められ、エム・システム技研の基幹製品に止まらず、新たなマーケットを形成するまでに成長しました。

エムエスツデー創刊30周年 通巻264号

発行当初は、16ページ構成、2色刷りの月刊紙でした。創刊号から、当時は珍しかった専用のDTP(デスクトップパブリッシング)システムを導入して社内で制作・編集を行っていました。

2022年4月発行の第264号で  創刊30周年を迎えました。
2022年4月発行の第264号で創刊30周年を迎えました。

2010年1月発行の第216号から季刊誌となりタブロイドサイズ 16ページオールカラーになりました。

1992年 4月発行のエムエスツデー 創刊号

エム・システム技研と社会の動き

エム・システム技研と社会の動き[拡大図

(*1)LED照明・紫外LEDは、株式会社MGMTの製品です。


ページトップへ戻る