フィールドロガーシリーズ エム・システム技研
Webロガー
Webロガー(形式:TL2□)は、現場で直接
計測信号を入力し、そこで蓄積したデータを、
インターネットを利用して伝送するユニットです。
WebロガーTOP 機能説明 アプリケーション 仕様 機種一覧表

 Webロガーの特長
  1. Webロガー世界中のどのパソコンからでもインターネット経由でWebロガーの画面を監視できます。
  2. PLCと直接接続してデータの監視ができます。
  3. 計測信号の上下限、停復電時などの検出機能があります。
  4. 事象を検知して携帯電話やパソコンにE-Mail通報します。
  5. FTP転送機能によりパソコンへデータを定時転送、パソコンからデータ要求ができます。
  6. パソコン上のアプリケーションソフトとデータ通信を行うことができます*
*テレコンポネーントライブラリ(形式:TL2COM)が必要です。


 Webロガーの種類

■公衆回線対応 Webロガー 形式:TL2W2

■Ethernet対応 Webロガー 形式:TL2W

■DoPa対応 Webロガー 形式:TL2R2


■公衆回線対応 Webロガー 形式:TL2W2
  1. モデム内蔵のためTL2W2に電話線をつなぐだけですぐに使用できます。
  2. PLC*と接続して直接データの送受信を行うことができます。
  3. オプションで音声による異常通報・音声読上げ要求を行うことができます。
  4. FAXによる帳票印字、異常通報ができます。
  5. プロバイダと契約してE−Mail通報ができます。
  6. FTP転送機能によりパソコンへデータを定時転送、また、パソコンからデータ要求ができます。
* 対応PLC:
 三菱電機製シーケンサ(Aシリーズ、Qシリーズ)
 オムロン製シーケンサ(SYSMAC)


■Ethernet対応 Webロガー 形式:TL2W
  1. プロバイダと契約してADSLモデム、ISDNモデムを使用したインターネット
    による常時接続監視ができます。*1
  2. 構内LANを利用して監視ができます。
  3. PLC*2と接続して直接データの送受信を行うことができます。
  4. 異常発生時のE−Mail通報ができます。
  5. FTP転送機能によりパソコンへデータを定時転送、また、パソコンからデータ要求ができます。*3
  6. 携帯電話から現在値の確認ができます。
*1 TL2Wに固定IPアドレスが必要です
*2 対応PLC:
   三菱電機製シーケンサ(Aシリーズ、Qシリーズ)
   
オムロン製シーケンサ(SYSMAC)
*3 インターネット経由によるFTP転送の場合は上位PC側に固定IPアドレスが必要です。


■DoPa対応 Webロガー 形式:TL2R2
  1. モバイルアーク*1を使用してDoPa網による無線通信を行います。moderno(サンデン株式会社製)*1を 使用してCIPL(KDDI CDMA IP Link)サービスにも対応。
  2. ISDNまたは専用回線契約によりパソコンからDoPa網へ接続します*2
  3. PLC*3と接続して直接データの送受信を行うことができます。
  4. 異常発生時のE-Mail通報ができます。
  5. FTP転送機能によりパソコンへデータを定時転送、また、パソコンからデータ要求ができます。
*1 別途購入が必要です。
*2 専用線1回線またはISDN(64K)2回線(契約時指定したIPアドレスからのみWeb画面を見ることができます)。
*3 対応PLC:
   三菱電機製シーケンサ(Aシリーズ、Qシリーズ)
   オムロン製シーケンサ(SYSMAC)

↑Page Top
エム・システム技研
Copyright © 2008 M-System Co., Ltd. All rights reserved.