ホーム製品紹介避雷器(アレスタ)電子機器専用避雷器M-RESTERシリーズ 解説 避雷器の選定

製品紹介

避雷器(アレスタ)

各種センサやネットワーク専用に設計された、
電子機器専用の避雷器です。

カテゴリ情報
仕様書一括ダウンロードカタログ解説
お問合せ
よくあるご質問ご注文に際してメールでのお問合せ
エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321または06-6659-8200
  • 雷雲の発生
  • 雷サージとは
  • 雷サージ対策
  • サージ吸収の原理
  • 雷保護関連のJIS規格
  • 避雷器の選定
  • 避雷器接続の注意点
  • コラム
  • 避雷器のQ&A
  • 用語解説
  • 避雷器ハンドブック

避雷器の選定

製品ラインナップに戻る

避雷器の選定

図1

図1

図2

図2

防護レベル
(制限電圧 用語解説があります。

防護レベルが、必ず被保護機器の耐電圧以下になるよう選定してください(図1)。

最大負荷電流 用語解説があります。

信号用なら何mA流すか、電源用なら電源容量が何VA必要かで選定してください。

放電耐量 用語解説があります。

1kA〜20kAまで用意しています。設置場所の襲雷頻度や被保護機器の重要度で選定してください(図2)。

最大使用電圧 用語解説があります。

最大使用電圧が、被保護機器の定格電圧以上になるよう選定してください(図2)。

電子機器と信号用避雷器の組合せ

信号用避雷器の種類
標準信号用、測温抵抗体用、熱電対用、ポテンショメータ用、ロードセル用、パルス用などに加え、NTT専用回線用、多重信号伝送用など、用途に合わせた避雷器を数多く用意しています。信号の種類をもとに選定してください。

[選定例]
2線式伝送器の場合、主に4〜20mA DCの直流信号で伝送され、電源系統は24V DCが一般的です。標準信号用避雷器(例:MDP-24-1)を選定してください。伝送器と受信計器の双方が電子回路を内蔵しているので、避雷器は両側に接続してください。
測温抵抗体の場合、測温抵抗体用避雷器(例:MDP-RB)を選定してください。検出端に電子回路はありませんが、白金抵抗体が断線するのを防ぐため、避雷器は検出側と変換器側の両側に接続してください。

電源用避雷器の種類
最大負荷電流は200Aまで、相数は単相2線式、単相3線式、三相3線および直流電源用を用意しています。
負荷電流と相数をもとに選定してください。

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
製品紹介
  • ダウンロード
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop