ホーム製品紹介避雷器(アレスタ)電子機器専用避雷器M-RESTERシリーズ 解説 サージ吸収の原理

製品紹介

避雷器(アレスタ)

各種センサやネットワーク専用に設計された、
電子機器専用の避雷器です。

カテゴリ情報
仕様書一括ダウンロードカタログ解説
お問合せ
よくあるご質問ご注文に際してメールでのお問合せ
エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321または06-6659-8200
  • 雷雲の発生
  • 雷サージとは
  • 雷サージ対策
  • サージ吸収の原理
  • 雷保護関連のJIS規格
  • 避雷器の選定
  • 避雷器接続の注意点
  • コラム
  • 避雷器のQ&A
  • 用語解説
  • 避雷器ハンドブック

雷サージ対策

製品ラインナップに戻る

サージ吸収の原理

誘導雷は電流源であり、とにかく電流を流そうと働きます。この電流が雷サージ電流です。電流が流れにくいと、高い電圧を発生させてしゃにむに電流を流します。このとき発生する高電圧が雷サージ電圧です。
それでは、エム・レスタのうち出荷実績が特に豊富なMDP-24-1を例にとって避雷器の原理について説明しましょう。図は簡略化したMDP-24-1の回路です。ケーブルには電流を流そうと、雷サージ電圧がV1〜V3の形で発生します。V1を線間サージ電圧、V2・V3を線〜接地間サージ電圧と呼びます。避雷器はV1を放電素子SA1で吸収し、同じくV2・V3をSA2・SA3で吸収します。SA1〜SA3は電圧依存形のスイッチと考えることができ、電圧が高くなるとアーク放電をおこしV1〜V3をアーク電圧30V前後に抑えます。V1は特に被保護機器に直接加わるため、サージ電圧を極力抑えることが肝心です。このためV1に対しては放電素子SA1と電圧制限素子D1の2段構えで防護しています。SAは大電流をバイパスできますが、放電開始電圧が高いのと電圧設定のばらつきが大きいため、放電開始電圧が低くばらつきの小さいD1と組合せてサージ電圧を抑えます。ただしD1については電流耐量が小さいためR1でサージ電流を制限します。

放電素子と電圧制限素子を総称してサージ吸収素子と呼びます。理想のサージ吸収素子は、小形・電圧設定のばらつきが小さい・応答性が良い・放電耐量が大きい・短絡故障しない……ですが、全てを満足するものがないため、何種類かの素子を組合せることで素子の良い面を引出すように設計します。

MDP-24-1

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
製品紹介
  • ダウンロード
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop